家賃収入の味方|株式会社クラストを利用しよう

貯金箱

契約のメリットを理解する

ビルの模型

空き室の回避にサブリースサービスを利用しよう、そのような広告を目にすることもあるでしょう。オーナーにとっては、空き室が生まれる収入が減ることを避けたいはずです。しかしサブリースを利用する前には、必ずその仕組みとメリット、また契約に伴う注意を理解しておくことが大事になってきます。まず、サブリースのメリットは安定した保証料が確保できることです。これは、不動産会社が転貸人となって、入居者から家賃を得てその中の10パーセントから20パーセントをオーナーに支払う形となっています。入居者から直接家賃をとるのではなく、不動産会社を間におくことで空き室や滞納というリスクを回避することができます。この保証金は家賃と同額ではないので、契約時にいくらの設定になっているのかしっかりと確認しておきましょう。

サブリースを利用する際は、借り上げ家賃の見直しを確認しておきましょう。2年に1度ペースで行なう会社もあるので、契約書の確認は入念に行ないましょう。長期間同額の保証金が発生するということは、極めて稀でしょうからおのずと減額されると理解しておきましょう。30年保証という広告もありますが、詳細な情報は確認しておくことも利用者のつとめとなります。

サブリースサービスの利用では、契約の解除に決まりがあります。中には、家賃4か月分の請求をされるケースもあります。不動産会社が提案する契約内容が、公平なものとなっているのかは、自分の目で確かめる必要があります。